トライアルレビュー

コストコの安納芋で干し芋作ったよ

2015年10月26日
カテゴリー:コストコ, 野菜・果物
タグ: , ,

コストコの安納芋 1.5キロ

コストコの安納芋 1.5キロ


先日コストコで買った、種子島産の安納芋です。
1.5キロで 838円でした。キロあたり560円ほど。

お水でざっと洗って、泥を落としたところです。
皮はピンクと茶色が混ざったような、淡い色をしています。

大きさの揃ったキレイな芋です。片手に収まるくらいのサイズ。
サツマイモのサイズとしては、たぶんM程度だと思います。



染みでる白い液体「ヤラピン」

染みでる白い液体「ヤラピン」


サツマイモの先端を切り落とすと、「ヤラピン」という白い液体が染み出します。
これは空気に触れると茶色く変色してしまいます。
まな板に付着すると、なかなか取れなかったり。

干し芋の仕上がりにも影響するので、できれば取り除きたいヤラピン。
でもね、実は整腸作用があって、おなかには良い物質なんです。
干し芋が黒っぽくなってもOKなら、取り除かない方が良いのかも。



しばらくぬるま湯に漬けた後、1時間ほど蒸します

しばらくぬるま湯に漬けた後、1時間ほど蒸します


私はなるべく取り除きたい派。
黒っぽい干し芋は、子供が食べてくれないからです。

ヤラピンを取り除くには、芋の先端を切り落とした後、
お風呂よりちょっと熱いくらいのお湯に、10分ほど漬けます。

そうすると、ヤラピンが溶け出して、お湯が白く濁ります。
これだけでも、仕上がりが綺麗になります。

ヤラピンがある程度抜けたら、お芋をふかします!
普通のふかしイモを作る時より長めにじっくり、1時間ほど蒸します。



蒸しあがり、バターナイフで皮をむきました

蒸しあがり、バターナイフで皮をむきました


蒸しあがったら、熱いうちにバターナイフで皮を剥きます。
オレンジ色がかった、濃い黄色の安納芋。
美味しそうです!



包丁で適当にスライス

包丁で適当にスライス


皮がむけたら、包丁で好きな厚さにスライスします。
薄くした方が、早く乾いて失敗しずらいですね。

丸ごと干し芋にすると、ボリュームあって美味しいけど、乾くまでに時間がかかります。
途中で雨の日が続くと、カビが生えることも!

作業中は、雑菌の付着を防ぐため&やけどしないように、コストコで買った薄手の手袋をつけています。



天日干し

天日干し


天日干ししてます。
空気の乾燥した、秋晴れの日が続いていて良かった~。



丸1日干したところ

丸1日干したところ


丸一日干したところです。

外側は乾燥していますが、内側はねっとりと柔らか。
このくらいが半生で美味しいよね。ついついつまみ食いしちゃう。



3日ほど干した安納芋

3日ほど干した安納芋


その後、3日ほど干した芋です。

ここまで乾燥させると、かなり日持ちするようになります。
1.5キロ程度なら、悪くなる前に食べきっちゃいますけどね。

ただ娘達(3歳&6歳)にとっては、完全に乾かしちゃうと、硬くて食べづらいみたいです。
半生干し芋が一番食いつきが良かったなあ。

乾燥した芋は硬いけど、良く噛めば美味しいんです。
柔らかい食べ物ばかりだと、アゴも発達しませんよね。
子供たちには、よく噛んで食べることに慣れてほしいです。


スポンサーリンク


コメントを残す

広告

最新の記事

人気の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

    楽天

    名前:ヒナ

    東京在住(うどん県出身)の40代主婦。夫と姉妹の四人家族です。

    お問い合わせは、メールフォームからどうぞ。

    ちょップル



    ただいま8人がオンライン中