トライアルレビュー

[ちょっプル] 明治ボーノチーズ(モッツァレラ&ゴーダ)

2014年6月29日
カテゴリー:サンプル百貨店
タグ: , , , , , , ,

娘におねだりされて、二度目のリピ買い


明治ボーノチーズ(モッツァレラ&ゴーダチェダー)

明治ボーノチーズ(モッツァレラ&ゴーダチェダー)


ちょっプル」で、また買っちゃいました~明治のボーノチーズ!

ボーノチーズは、北海道・十勝産のナチュラルチーズ。
プロセスチーズとは一味違った、本格的な味わいのチーズです。
チーズの塊を、スティック状に切り出したような形状で、食べやすい個包装になっています。

前回、1ヶ月前に買ったのは、「モッツァレラ」と「チェダー」のセット。

「モッツァレラ」には、子供たちがハマってしまい、あっという間に40本がお腹の中へ。
おやつに食べたり、お弁当に入れたりして、美味しくいただきました。

「チェダー」は、本格的な熟成チーズの味。
子供にはクセが強すぎたのか、4歳児と1歳児は、手を出しませんでしたね。
しっかり大人好みの味ですから、夫婦でちびちび頂いております。

今回は「モッツァレラ」と「ゴーダ」のセットを購入しました。
明治ボーノチーズには三種類のチーズがありますから、これで全種類をコンプリート。



モッツァレラ&ゴーダ

モッツァレラ&ゴーダ


「モッツァレラチーズ」と「ゴーダチーズ」のセットです。

スティックチーズが2本入った小袋が、それぞれ20袋送られてきました。
全部でスティックチーズが80本です。

この2本入りパッケージは、コンビニ展開している商品になります。
お近くのコンビニで見かけた方もいらっしゃるのでは?

手に持って食べやすい形状のチーズは、小腹が空いたときなんかに、ちょうど良いんです。
開けやすいパッケージで、手が汚れず、洗いものも出ないので助かります。
すごーく手軽に、本格的なナチュラルチーズが楽しめる♪

お値段は、送料込みで1,420円でした。
さりげなく100円値上がりしてたんですけど、子供におねだりされちゃったからねえ。
それでも1本あたり18円くらいですから、お得ですよね。



速攻、子どもの手が出る

速攻、子どもの手が出る


もうね、1歳7ヶ月にもなれば、パッケージを見たら何が入ってるか分かります。
段ボール箱を開けたら、即手が出てきますよ。
チーズ大好きです。

娘たちは、冷蔵庫から勝手にチーズを取り出して、嬉しそうに食べてます。
これはこれで問題ですけどね、食べすぎたりして。
でも、甘いお菓子を食べるよりは、ずっと健康に良いですから、大目に見てます。

清潔なアルミパッケージ


1袋に2本入ってます

1袋に2本入ってます


生チーズの1本1本が、しっかりとアルミの個包装で包まれています。
清潔感があって良いですね。



まったり濃厚なゴーダ

まったり濃厚なゴーダ


袋の切れ目からパッケージを開けると、こんな風にチーズの頭が出てきます。
袋を持って、チーズを押し出しながら食べると、手が全然汚れませんよ。

写真は「ゴーダチーズ」です。
味は、ひたすらまったりしてる感じで、濃厚な味わいです。
生で食べると、わずかに苦味を感じるからか、娘たちには不評でした。

今回も、子供たちは「モッツァレラ」一筋です。
モッツァレラチーズは、ミルキーで噛み応えあって、美味しいよね。

ゴーダチーズでキッシュ作り


キッシュにゴーダ10本(100グラム)

キッシュにゴーダ10本(100グラム)


ボーノチーズのゴーダを使って、キッシュを作ることにしました。

参考にしたのは「キッシュ・ロレーヌ」のレシピ。
一番有名な、定番キッシュとも言える、ベーコンとグリエールチーズのキッシュです。
グリエールチーズの代わりに、ゴーダチーズを使います。

100グラムのチーズが必要なので、10本のボーノチーズを使います。
1本10グラムなので、計量しなくてもOK。

しかし、こういう使い方をしてしまうと、過剰包装に感じてしまいますね。
スティック10本分のゴミがすごい!



具はゴーダチーズとベーコン

具はゴーダチーズとベーコン


具のチーズとベーコンです。
だいたい5ミリ角に切っておきます。

ベーコンは、コストコの「Apple Smoked Bacon(林檎のベーコン)」を使いました。



キッシュの型に、具材と卵液を入れます

キッシュの型に、具材と卵液を入れます


焼き上げたキッシュの型に、具を並べます。
下段に軽く焼いたベーコン、上段にチーズです。

キッシュ焼き上がり


じっくり時間をかけて、焼き上げる

じっくり時間をかけて、焼き上げる


170~180度で、じっくり50分間焼き上げました。
人生3個目のキッシュは、卵液(アパレイユ)の部分に、一部スが入ってしまいましたが、おおむねいい感じの焼き上がり。

ただ、やっぱりアパレイユが漏れます!
今回は、型の上部にヒビが入ってしまって、そこから卵液だだもれでした。

毎回漏れなく漏れますよね。キッシュの外側が茶色く焦げちゃう。
味にはそんなに影響ないんですが、見た目が良くないですね~。

もうハンドルネームを「アパレイユ漏れ子」に改名しちゃおうかな。



キッシュ・ロレーヌみたいなもの

キッシュ・ロレーヌみたいなもの


見た目問題はおいといて、やっぱりキッシュは美味しいです。

プリンみたいにクリーミーなアパレイユと、具の調和。
サクサクしたバターたっぷりのパイ生地。

食べながら、幸せな気分になるお料理です。

ゴーダチーズとの組み合わせも、なかなかの美味しさでしたよ。
焼くとチーズの苦味も感じず、娘も食べてくれました。

もうちょっと上手にキッシュを作れるようになりたいな~。



ちょっとの費用で試せるサンプル 「ちょっプル」


スポンサーリンク


コメントを残す

広告

最新の記事

人気の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

    楽天

    名前:ヒナ

    東京在住(うどん県出身)の40代主婦。夫と姉妹の四人家族です。

    お問い合わせは、メールフォームからどうぞ。

    ちょップル



    ただいま7人がオンライン中