トライアルレビュー

富山の早生米「てんたかく」30キロを、楽天で取り寄せました

2011年12月25日
カテゴリー:お米
タグ: , , ,

富山のお米「てんたかく」30kgが届きました

富山のお米「てんたかく」30kgが届きました


富山県のお米「てんたかく」30kgが届きました!

10kgずつ小分けされてますが、これは10kgパックを3個購入したから。
30kgどかんと買うと、小分けされてないから注意してね!

ちなみにお値段は、
・30kg×1袋=9,500円
・10kg×3袋=3,200円×3袋=9,600円
差額は+100円です。

プラス100円なら袋代程度。分けてくれると助かります~。

送料は、どちらも840円(本州・四国・九州の場合)です。


※お店が閉店してしまったようなので、検索用リンクを貼っておきます。


富山の新しい米「てんたかく」


てんたかく米粒

てんたかく米粒


半透明で、白い部分もほとんど無い、とってもキレイなお米です。

「てんたかく」は、2003年に品種登録された、新しいお米。

お母さんは「ハナエチゼン」、お父さんは「ひとめぼれ」、
系統としては「コシヒカリ」の流れをくんでいるそうです。

特徴は、高温に強く、猛暑でも影響を受けにくいこと。

そして、実りの早い「早生品種」。富山では、最初に売り出される新米として知られてるそう。

般若米って?


「般若米」おいしいお米のひみつ

「般若米」おいしいお米のひみつ


~「般若米」おいしいお米のひみつ~ ってパンフ入ってました。

米袋にも書かれていた「般若米」って言葉。

一瞬「はんにゃって何?そんなの頼んでないし!」って思ったんだけど、実は、旧般若村で作られたから「般若米」なんだって。地名なの。

旧般若村は、背後にある森の栄養分が土地を肥やし、豪雪地帯のミネラル豊富な雪どけ水が田んぼをうるおす、おいしいお米が育つ場所なんです。

しっかり吸水、さっと炊き上げ


「てんたかく」の炊き上がり

「てんたかく」の炊き上がり


「てんたかく」の炊き上がりです。

えー白状しますと、最初水加減に失敗しちゃいました。

お米を砥いで、すぐに炊いたら、味がいまひとつ。米粒にツヤが出なくて、食べてももっさりした感じ。

これはいかーんと、いろいろ試してみたら、米をしっかり水に漬けておいて(半日以上)、早炊きでさくっと炊き上げた時が一番美味しかった。

何だろう、吸水性があんま良くないのかな?
じっくり水を吸わせた時と、吸わせてない時の味の差がけっこうあるかんじ。


てんたかく、美味しく炊けた♪

てんたかく、美味しく炊けた♪


コシヒカリと比べると、もっちり感はいまひとつ。
だけど十分美味しいし、あっさりしてて、何にでも合うお米だと思う。

雑炊にしたらおいしかったよ~!

スポンサーリンク


コメントを残す

広告

最新の記事

人気の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

    楽天

    名前:ヒナ

    東京在住(うどん県出身)の40代主婦。夫と姉妹の四人家族です。

    お問い合わせは、メールフォームからどうぞ。

    ちょップル



    ただいま8人がオンライン中